コンサル等・料金顧問コンサル

こんにちは。

株式会社マーケティング・トルネードの佐藤昌弘です。

ここでは、私との「顧問コンサルティング(定期面談型)」についてご案内いたします。

これまで、年商2000万円の個人事業者さんから、年商3兆円の上場企業まで、本当に数多くのコンサルティングを経験しています。

これまでの顧問先さんは、すべて、とても良いご縁を頂けており、本当に感謝しています。

業績が上がってお礼を言って頂けると嬉しいのですが、実際には、アドバイスをヒントに、現場で頑張ったのはクライアント様であり、その努力と頑張りに、いつも頭が下がる想いです。

 

ここでは、次にご縁を頂く方(企業様)に向けて、ご説明をします。

どのような悩み・期待をお持ちですか?

最初は、クライアント様の「悩み・期待」から始まります。

そこで、過去のクライアント様はどのような「悩み・期待」を持っていたのか、

参考までに書き出してみます。

 

  • 出来るだけ短期に、集客からセールスまでの「売れる仕組み」を構築したい。
  • とにかく手っとり早く解決したい課題がある。
    (例:売れ残った住宅を売りたい。急に反応が落ちた広告を復活させたい)
  • 一気に急成長させるために、現在の延長線上にはない、非常識な発想が欲しい。
    (このまま継続しても、大きく成長する余地が見当たらない。行き詰まった)
  • 経営が「大きな分岐点」に差しかかり、ここで道を間違えるわけにはいかない。
    (下請けから元請へのシフト。大手参入による競争激化。成長戦略。新規事業)
  • 世代交代をしっかり出来るように外部の専門家としてサポートしてほしい。
  • 自分独りで悩んでも、どうしても解決の糸口が見つからない、「何がだめなのか、何から解決していけばいいのか、わからなくなってきた。」と感じた。
  • 今後も、事業を成長させていくため、戦略や方向性をしっかり定めたい。
  • 部下を同席参加させて、学びと実践の機会にし、幹部へ育てたい。
  • 達成したい目標があり、回数(期間)を定めて、コンサルティングを受けたい。
  • 定期的なペースメーカーとして成長戦略に関わってほしい。
  • 「いま、本当に悩まなければならない事は何か?」を自分では気付けない部分を、佐藤さんの視点から指摘して欲しい。

 

悩みはこれだけではありません。

顧問先様は、それぞれ違います。
社長さんの数だけ、企業の数だけ、悩みや期待の数があるのです。
人材も、資金力も、期限も、ビジョンも、持ち味や長所も、営業力も、それぞれ、まったく違います。

 

まずは、御社(あなた)の悩みと、未来への期待を、じっくり理解・共有するところから始めます。
この段階までは、トライアル(お試し)で実施してしまいますので、費用はかかりません。

悩みや期待を、テーマに分類してみるとこうなります。

過去のクライアント様の悩みや期待は、どのような「テーマ」に分類されるのか?

それも参考までに書き出してみます。

 

  • マーケティング戦略の策定・実行計画のプランニング
  • ブランディング(具体的なブランディングまでの計画・手順の指導と実施)

※しっかりブランディング出来ると、求人も、集客も、競争力も向上します。

  • 集客や販促ツール全般の効果アップ(チラシ、DM、イベント、電波、新聞、雑誌、ニッチメディア、クローズド媒体、WEBなど)
  • ターゲット選定やポジショニング(地理特性、社会特性、心理特性、タイミング特性などによる効果的なターゲット顧客の選定)
  • 営業・セールストークの指導(接客トーク、営業トーク・飛び込み営業、各種マニュアルの企画・制作・研修・コンサルティング)
  • 休眠客掘り起こし(リピーター促進ツールの企画・制作・研修・コンサルティング)
  • 既存客へのアプローチ(顧客コミュニティ化の企画・制作・研修・コンサルティング)
  • インターネット・マーケティング全般(ホームページ改善、アクセス対策、コンバージョンアップ対策、コンテンツマーケティング施策、SNS活用ほか)
  • 新規事業・新商品開発(通販事業への新規参入、効果的な事業機会の調査、起業家育成など)
  • 業態転換など(下請けから元請け化、法人営業から消費者向けへ、自動車産業から食品産業へと新業界へ参入など)
  • マスメディア全般への露出機会の創出(PR、広報、プレスリリース)
  • WEBサイト・広告などの制作請負(ホームページのリニューアル制作)
  • 出版戦略(出版社紹介、出版企画の作り方・通し方、効果的な販促手法などのアドバイス)
  • M&A(マーケティング・デューデリジェンス、交渉仲介、専門家紹介など)
  • 各種研修プログラムの提供(新人営業研修、セールストーク研修、マネジメント研修、営業の基本講座ほか)
  • 経営者向けメンタリング(本人の内的問題への対処法、コミュニケーションのあり方、自己実現の心理的課題対処、トップとしての器の向上のために良き相談相手として)

 

思い出してみますと、本当にいろんなテーマを扱ってきています。

 

ただ残念ながら、「法律関連のアドバイス」や「人事給与制度の構築」、「会計・税務・キャッシュフロー分野」などについては、私では、まったく頼りになりませんので、専門家をご紹介します。

どうか事前にご理解とご容赦を下さい。

ご契約の決め手は?

これまでのクライアントさんに、私のコンサルティングにお申込みを検討されている方々への、お勧めポイントについて率直に尋ねてみたところ、次のような答えを頂けました。

 

  1. アドバイス内容が具体的、実践的。
  2. 机上の理想ではなく、実践可能なアドバイスがもらえる。
  3. 心理学にも精通し、高いカウンセリングスキルも持っている。
  4. マネジメントも相談できる。
  5. 必ずモトがとれる(これは心掛けていますが100%は保証できません)。
  6. 再現性があり、社内にもノウハウが残る。
  7. 多くの業種で、多くの実績を持っている。
  8. 毎回新しい発見や気づきを提供してくれる。
  9. 幅広い人脈を持っている。
  10. コンサルティング経験が豊富。
  11. 実務の世界(住宅リフォーム)でも社長経験があるから、社長への理解がある。
  12. 組織をどう動かしていけばいいのかを教えてもらえる。
  13. アドバイスを押し付けない。
  14. 現役のプレーヤーでもある。
  15. 守秘義務が徹底されていて、信頼できる。
  16. 研究・勉強熱心で、常にスキルの向上に励んでいる。
  17. 不思議と安心感がある(これは全く自覚ないです:苦笑)。
  18. 集客やセールスの話だけでなく、人生相談もできる。

 

こうした声をいただいています。
(アンケートへのご協力ありがとうございました。本当に感謝をしています)

読みやすく、わかりやすくするために、1行ずつのご紹介にしていますが、本当はすべて長文でした。

顧問先様から頂いた
コンサルティングの感想の声

実際のコンサルティングを受けて頂いた企業様から、感想の声も頂きましたので、ひとつご紹介させて頂きます。

建設業
株式会社レオック様

Q.弊社のコンサルティングを受けられた、ビフォー&アフターについてお話し下さい。

A.最初に印象深かった出来事は、コンサル1回目からの数回です。
まず最初に「会社のアピールポイントや強み」を整理するコンサルが印象深かったです。
それまでは『弊社は提案力で勝っている』と思い込んでいました。提案力が強みだと思っていたんです。

ところが、それだけじゃなかった。実際には、違う強みがあった。
それが大きな部分でした。

また、チラシの反響がすごく悪くなっていて困っていました。
折込チラシを1万枚配っても1件の反響があるかどうかでした。その添削アドバイスでは、『配色、雰囲気、写真の掲載方法、コピー…』いろいろ教えて頂いて、反響が倍ぐらいに上がりました。コストは変わらずに集客力が2倍にアップして、そこから3年ぐらいは、ずっと高反響が維持できてましたので、それはすごい良かったですね。

さらに、2回ほど、佐藤先生に来社してもらって、営業マンへのセールス・トレーニング研修をしていただきました。
あの研修の後のアポイント率が、ものすごい上がりました。
そのデータがあって、見てみると、研修前のアポ率は「2012年13.2%、2013年11.8%、2014年が12.7%、そして研修をして頂いて、2015年21.7%、2016年は、ちょっと落ちて17.7%、現状2017年は22.5%」という数字です。
集客が多少落ちても、営業力で十分にカバーできるぐらいです。

また、コンサルティングを受けて、もう一つ良かった事があります。
それは、一緒に通っていた社員メンバーです。弊社で広報企画や広告の担当者を、コンサルティングに一緒に連れて行っていましたが、彼らが勉強させてもらえたのが、一番良かったんじゃないかと思います。最初は、まったくの素人みたいな社員ばかりで行っていましたが、広告制作、チラシ、ダイレクトメール、そういった事を学びながら、最近はもう、ちょっとうるさいぐらいで、今では、広告物とか作ろうとすると、「どんなお客さんを狙っているんですか」とか、逆に突っ込まれながらやっています(笑)
外注先の広告代理店や印刷会社を相手にしていても、「あぁ、この担当者は詳しいな」と、弊社社員のことを、プロとして見てもらえている感じがします。

コンサルティングを受けることが、人材育成にもなったのが、非常に大きかったです。

Q.弊社のコンサルティングは、どんな方にお勧めだと思われますか?

A.会社の特徴が出せていなくて、年商10億以下ぐらいで突破できずに、伸び悩んでいる会社さんとかですかね。
もっと高いレベルで経営したいと考えている企業さん。
弊社でも、会社の特徴が明確になったのが、すべての発端で、セールスや、チラシや、見積や、善循環がはじまったので。
そういう必要性を感じている会社さんには、非常にメリットが大きいんじゃないかと思います。

 

株式会社ゼスト
代表取締役社長 吉木 秀一様

Q.弊社のコンサルティングを受けるキッカケを教えてください。

A.2001年に創業した私の会社は、手探り状態の中ですが右肩上がりに順調に売り上げも伸びて2014年に10億を超えました。そこから20億を目指そうと思ってみたものの頭打ちが2年間続いたのです。

競合他社も増えてくるので、何か変わらなければならないのですが、
変化を恐れる社員が反発したりと手を焼いていた状況でした。

そんな折に、「宮崎県のセミナー」で佐藤先生と出会いました。

佐藤先生の場合は以前から出版された本を愛読していたので警戒心はありませんでしたが、それまで、コンサルタントという職業のほとんどは胡散臭いのだろうと思っていました。

 

  • 自身もリフォーム会社の経営経験もり業界をよく理解しているという安心感
  • 成長著しい時期の大手住宅会社のコンサル経験もあり私達が今後進むべく道筋がイメージできているのではという期待
  • ダイレクトに一個人の営業スキルのレベルを上げてくれる指導法とメンタルサポート
  • 魔法のセールストークのあの先生が売り上げ10億そこらの会社のコンサルをしてくれるのは嬉しいというお得感も正直ありました。

上記のような理由で、安心して申し込むことが出来ました。

特に印象に残っていることは?

それは、沢山ありますがあえて一つあげるのであれば・・・
昨年4月16日に熊本震災があり、その後、住宅市場に私達が経験したことのない変化がおこりました。

弊社は、高級デザイン志向主体なのですが、この時ばかりは危機感を抱き住宅の復興需要に応対すべくローコスト規格住宅の販売を開始しました。
ところが、当時社内でローコスト規格商品に賛否が出てしまい、そんななか佐藤先生がプロとしての非常時の精神と対応を説き、社内をまとめてくれたことが最も印象に強いです。

おかげで2016年の結果、契約数は目標を上回る実績がつくれました。

今後は会社の成長マップを共有し今後は3年後~4年後に20億を超える為のミッション
に取り組めていければ有り難いと思います。

 


 

この他にも、頼めばお話し頂けるクライアント様は数多くいらっしゃいますが、なかなか気恥ずかしくて聞けていません。
しかし、そうも言っていられないので、少しずつ増やしていきたいと考えています。

場所・期間・料金など

顧問先へのコンサルティングは、さまざまな場所で行うことが可能です。
弊社へご来社頂いても構いません。

オンライン(Zoomなど)にも対応しています。

日本中、飛行機や新幹線で行ける場所ばかりです。場所の制限はありません。
主要駅近隣の貸会議室を利用することもあります。
もちろん、御社(顧問先企業)へお伺いするということも可能です。

 

コンサルティングの場所や時間は、解決したい課題の内容や難易度などによって決めていくべきだと考えています。
御社とスケジュールを調整したうえで、最適な期間、コンサルティングの頻度、日程を決定していきます。

 

費用は月額30万円~が目安だとお考え下さい。

これは、中小企業向けの大手コンサルティング会社の中堅コンサルタントよりも安い金額だと思います。

 

ずいぶん昔の私は、高額な顧問料を請求したこともありました。

特に「3年間の同業者へのアドバイス禁止」という独占契約の際は顧問料が300万円/回を超えてしまい、雑誌で「日本一高額なコンサルタント」と紹介されたりしたこともありました。

その時は、高額な顧問料という一部分だけを切り取られ、とっても困った状況になって、ひどく参った経験もあります。

 

ですから現状は、高くもなく、安売りをすることもなく、ごく一般的(十分お値打ちだと思います)な価格設定でやっています。

もちろん、このコンサルティングを提供させていただいている期間中は、必要に応じてメールなどでのアドバイスもさせて頂いています。

 

期間内に途中解約ももちろん可能ですのでご安心ください。
当然のことながら、契約解除以降の費用や違約金などは一切かかりません。

顧問契約の前に、なにから始めるか?

こうしたコンサルティングという商品は、定価の相場がありません。

 

それだけに、「本当にこの人に頼んでいいのだろうか?」といった不安もあるでしょうし、「上司にかけあうための具体的な目論見が必要だ」というケースもあることでしょう。

 

そこで、マーケティング・トルネードでは、顧問契約や社内研修などを検討して頂くために、『トライアル(お試し)コンサルティング』や、『コンサルティング説明会』をご用意しています。

1.コンサル説明会は無料。アドバイスは無し。

コンサルティング説明会は無料です。

上場企業様や、非営利法人様などは、下記のトライアルでも上申・決済が必要だったりします。

そうすると情報収集も、打診さえ出来ません。そこで、こうした説明する機会を設けています。

ただ、説明会では、コンサルティングや、具体的なアドバイスはいたしませんのでご了承ください

顧問契約をした後の進め方や、社員研修との組み合わせ方既存印刷会社などとのやり取り方法など、下打ち合わせが必要な場合に、どうぞご利用ください。

もちろん費用はかかりません。

なお、Skype・ChatWork・Zoom・Teamsによるオンライン対応も可能です。

 

これは、電話相談を検討している方への「説明会」ではないのでご留意ください。

2.トライアルコンサルは5万円(税抜き)

いっぽうで、トライアルコンサルティングは有料です。その費用は、90分で5万円(税抜)です。

ただし、この5万円は後日コンサルに本申込みをすると初回費用から差し引かれます。

コンサルの「お試し」ですが、手は抜きません。

時間が少し短いのと、事例を紹介したり、私の人脈などを紹介したりは出来ませんが、出来るだけ具体的なアドバイスをいたします。

顧問契約をして下さる方は、初回費用から5万円(税抜き)は差し引かれますから、実質お金はかからないという事です)※ただ電話相談への申込は、割引対象ではありません。

 

なお、トライアル制度についても、Skype・ChatWork・Zoom・Teamsによるオンライン対応も可能です

お申し込み方法について

『トライアル(お試し)コンサル』についても、『コンサル説明会』についても、受付は先着順(予約制)にしています。

下記フォームをご利用ください。

 

お問合せを頂戴した後は、場所やスケジュールの調整をするために、メールか電話でご連絡を差し上げます。

ご都合のよい日時で調整してください。

ただし、企業訪問、コンサルティング、出張講演、通常業務などの合間を縫って実施しているものですので、必ずしもご希望の日時に沿えないことがございます。

 

株式会社マーケティング・トルネード
佐藤昌弘

顧問契約(社員研修含む)をご検討の方へ

※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
顧問契約について検討し始めることになった「いきさつ」や「きっかけ」を教えてください。(お電話などで補足ヒアリングをさせて頂く事もございますが、なるべく具体的に情報提供をお願いいたします) ※記載いただいた内容を許可なく口外することは一切ございません。
御社の悩みや課題・ビジネスの現況について教えて下さい。 お客様は誰か?売っている商品は何か?現在、どんなマーケティングの取り組みをしているか? どのような悩みをお持ちなのかなどを教えてください。 ※記載いただいた内容を許可なく口外することは一切ございません。 ※守秘義務契約を交わした後にお伝えいただいても結構です。その際は、その旨を上記にご記入ください。

差支えなければ、下記にもご回答ください。